2021年

昨年は、コロナ禍のせいで大変な一年でしたが、そんな中でも様々な方の助けがあって、色々な開発の仕事に取り組ませて頂くことが出来ました。
昨年得られた知識やノウハウを土台として、今年もさらに色々なことにチャレンジしたいと考えています。

守秘義務があるので細かくは書けませんが、今取り組もうとしているテーマは以下の通りです。

  • ScalaをベースにしたSPA(Single Page Application)開発
  • 防災・減災・人命救助に貢献するアプリケーションの開発
  • 今まで使ったことのないAWSの機能について知見を得る/活用する
  • ARMベースの開発環境の整備、クラウド環境でのARMインスタンスの活用
  • 企業や組織内の共通業務に役立つアプリケーションサービスの開発

等々

クラウドのおかげでアプリもインフラも構築しやすい時代になりました。
品質を守りながら、短い納期で様々なニーズに応えられるようにしていきたいと思います。

 とはいえ、あれこれ予定を立てても、状況が変化してその通りにならないのが世の常。
去年もそうでした。
 臨機応変に対応し、良い意味で、「思っていたのと違った」となるよう頑張りたいと思います。

世の中的にも、ギガスクールや、デジタル庁など、社会のデジタル化に向けた機運が高まっています。
こうした動きに合わせて、皆様に新しい切り口での提案をしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です